« 619回目 | トップページ | 620回目 »

上甲監督逝去

済美高校野球部の上甲監督がお亡くなりになった。
ここのところ安楽君の酷使云々の問題で批判も浴びていたものの、近年、甲子園で勝てない愛媛の学校が多い中、貴重な「勝てる」監督であった。

ここ10年ほどは済美の監督として有名だったが、元々は宇和島東の監督として実績を上げた方。
私が高校に入学する年の春休み、四国の代表3校中の3校目で滑り込んでようやく出場したノーマークのセンバツで、あれよあれよと勝ち進み、春初出場初優勝。
劣勢でも試合中は常に笑顔の上甲監督に、衝撃を受けた。
「上甲スマイル」と呼ばれたそのスタイルは突然済美の監督として復活し甲子園に帰ってきたときも変わらず、今度は済美を初出場初優勝に導いてしまう。
箕島高校野球部元監督、故尾藤公さんを真似したらしいのは後に知った。

私が最近少年野球の3年生以下のチームの指揮を執らせていただくことになった際に、真っ先に浮かんだのがこの上甲監督。
上甲監督を見習って、試合中は常に笑顔で選手達が伸び伸びプレーできるようにしよう。
そう思いながら試合に臨んでいる。
私などが上甲さんを参考にした云々というのは恐れ多い気もしますが、今日は特別に許してもらおう。
まぁ、そう言いつつも自分の息子がまずいプレーをした際にはつい声を荒げそうになってしまうわけであるが…
これから少しでも近づきたいと思う。
上甲監督、愛媛の高校野球界を盛り上げて下さり、ありがとうございました。

|

« 619回目 | トップページ | 620回目 »

スポーツ」カテゴリの記事

愛媛」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上甲監督逝去:

« 619回目 | トップページ | 620回目 »