« 576回目 | トップページ | 577回目 »

息子106回目

今週も順調に息子練。
そして順調に先週に続き「さんちか昆虫の森展」に連れて行かされた。
そして今日はお母さんも見に来い、と命令し、にーの嫁も出動させられた。
練習ではなく昆虫の森展に。
カブト・クワガタを触れる姿を見て欲しかったらしい。
かなわんなぁ。

さて、練習。
二組見ていたため、息子の方はチラチラとしか見ていなかったが、帯取り返しが中々うまいことできていた。
4週も続けてやってれば、それなりにできるようになるんやなぁ。
自分の方は毎週技が変わるので中々覚えられない。
今度から前の週の技も練習するようにしよかな。

スパー的なものもさせてもらっていた。
こちらもチラ見しかできなかったが、一連の動作が何となくこなせるようになっている。
まぁ試合形式になったらとまどうんやろうけど、こちらもコツコツ覚えていけばそのうち何とかなるんやろう。
早く試合に出るところを見てみたい。

さて、FBの方にも書いたが、ついに息子がコマ(補助輪)無し自転車の自力スタートを伴う運転に成功した。
再度同じような機会があった時に忘れないように記録しておきたい。
(1回当たりの練習は約30分、長いときで1時間)

5/23:自転車購入
この日を含め2回ほど、コマ付きのまま運転。
主にペダルを漕ぐことと、ブレーキをかける意味を知るための練習。
どうもコマがあるが故にバランスが取れてないのではないかと思い、早めにこの練習を終了する。

6/2:コマとペダルを外す
週に1回のペース両足で蹴って前へ進む練習。
まずはバランスを取りながら前に進む感覚を養うためのもの。
大体8回ほど実施。
最初はサドルをまたいだまま歩くように進むだけでバランスもヘチマもなかった。
が、「両足で蹴って、両足を浮かせろ」としつこく言い続けることで、最終的には5秒ほど両足を浮かせることができるようになった。
この段階でこの練習の終了を決定。

7/21:ペダルを戻す
スタートだけは体を支えて手伝ってやって(腰を持つ)、前へ推進するのに成功。
まだ自力スタートはできず。

7/27:成功!
前回は右足をペダルにセットして踏み込みながらスタートする方法を選択したが、まだこの方法ではスタートできないことが判明。
右足はペダルに乗せるだけ乗せ、左足で地面を数回蹴ってその勢いでスタートする方法に変更。
するとすぐにスタートできるようになった!

コマ・ペダル無しでの進む過程が一連の練習でのキモになる。
最初はこんなんで大丈夫か?と思えるほど中々進めないが、ここでイライラせずじっくりやらせることが重要と感じた。
まぁ私はイライラしてだいぶ言うてもうたが…。
あと、息子は三輪車もコマ付き自転車もほとんど運転したことがなかった。
そのため、ペダルを漕ぐ、という最も重要な動きが不慣れであった。
できれば小さい頃からペダルを漕ぐことを経験しておく方がスムーズやったやろうな、と言う気がした。

|

« 576回目 | トップページ | 577回目 »

ブラジリアン柔術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86862/57883716

この記事へのトラックバック一覧です: 息子106回目:

« 576回目 | トップページ | 577回目 »