« 519回目 | トップページ | 520回目 »

アディダスカップ2012大阪大会

今日は約3年ぶりの試合に出場。
増やそうと思った体重は、今朝の段階でリミットからマイナス4キロ。
あれだけ食べてあと2キロ減らしたら下の階級でいけた体重。
まぁそれは言ってもしゃないか。

で、会場についてだいぶ経った時点でトーナメント表発表。
自分は3人トーナメントの小さい山。
優勝には2回勝つ必要がある。
久々の試合なので2回やって感覚を取り戻したい気持ちと、6分×2試合も体力が持つのか、という思いが交錯する。
そんな中、道衣チェックと軽量が始まったのであるが…初戦の相手選手が会場に現れない。
まさかの不戦勝か!?
そういうことであれば決勝の相手との試合を想定した入り方を直前復習しとかねば!
と思ったが、試合開始直前に現れ結局トーナメントの小さい山からのスタート。

その第1試合。
Oかべさんの情報によると立ち技で柔道勝負してくる、とのことでったので、組み合うまでは柔道勝負のフリをして、組んで即引き込み。
そこからクロスでなんやかんやして1アドバン。
立ち上がってきたところを待ってました、と例のスイープをして「ヨシ!2点!」と思ったが、気を抜いてしまいアドバンのみ。
しかもハーフに押さえ込まれてしまい相手に1アドバンでアドバン2-1.
そのハーフがまた普段攻める形と逆という、もうアレで…
そこからは防戦一方。
終了直前にクロスに戻して何とかそのまま逃げ切り。
しかし慣れないハーフで体力を消耗して、会場で類を見ないほどのグロッキー状態で横たわっていた。

で、第2試合が決勝。
多分40分ほどインターバルがあったので、何とか息切れだけはなくなった。
Oかべさんの情報によると引き込んでくるというので、その引き込みに合わせてタックルの形だけ。
正直失敗したが、2ポイントもらった。
その後スパーですら使ったことの無いパスの形になり、セコンドの人たちの操り人形のように手足を動かす。
が、慣れない技が試合で成功するはずもなくごちゃごちゃ、っとひっくり返って2ポイント失点。
そしてニーオンで2ポイント取られ逆転。
その後起死回生のにのスペをしかけたが、色々あってすっぽ抜けてしまい極めきれず。
もうその時点でスタミナは空っぽ。
「そこ休んじゃダメ!」とのセコンドの声に、『何も聞かず休ませて!』と言いたくなるほど空っぽ。
おかげで最後のパスのチャンスも選択を間違えてあえなく敗退。
すっぽ抜けたところや、最後の選択が冷静にできなかったあたりが、練習不足であり、試合経験不足なんやろうなぁ。

でも久々の試合は楽しかったので、また近いうちに出たいと思う。

Hiromichi_20120908_01rev01

父のアップに付き合う息子。
(ホンマは試合終了後に撮った捏造写真)

|

« 519回目 | トップページ | 520回目 »

ブラジリアン柔術」カテゴリの記事

コメント

場長、試合お疲れ様でしたぁー!

6分って長いですよね。すんごい長い。
様子見で過ごせる時間のない競技ですし。
いつかお子さんも競技続けていたらクラス別で出場する時がくるかもですよねー。
今から試合の雰囲気を感じてもらうのはとてもいいですよね(^_^)

投稿: 龍々 | 2012年9月10日 (月) 18:02

>龍々さん
ありがとうございます。
ホンマに疲れて、2日経つのにまだ体中が痛いです…
正直もうしんどいですが、「僕柔道でオリンピック出る」「僕高校野球で甲子園行く」としか言うてなかった息子が、ようやく柔術の試合に出たいと言うてくれたので、一緒に大会出るまで頑張ります。

投稿: にーの | 2012年9月10日 (月) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86862/55609337

この記事へのトラックバック一覧です: アディダスカップ2012大阪大会:

« 519回目 | トップページ | 520回目 »