« 秋山拓巳残念 | トップページ | 400回目 »

息子7回目

約1か月ぶりの息子練。
金曜日に私が練習に行っているときににーの嫁に父がどこにいったか尋ねた際
「お父さんは柔術に行っているから帰るのが遅い」
と答えると、
「僕もいくーーーー!」
とゴネたらしく、そこいらあたりのヤル気を買っての練習。

最初はまずまずきちんとやっていた(ひとりだけ喋りっぱなしではあったけど)。
前回り受身もただの前転ではなく何となくサマになってきた。
が、20分くらいしたら、
「そこそろ先生に『有難うございました』言いに行こうか」
と帰る気満々。
まだ終わってへんで、と言いながらもだんだん息子ができるメニューもなくなってきたため、個人レッスンに切り替え。
できもしない投げを教えた。
が、途中で、
「次は戦いしよか、戦い」
とDB改モードになって殴り合いをしようとする。
そんなんせん、と答えると、
「そこそろ先生に『有難うございました』言いに行こうか」
と、また帰る気満々。
その後もなんやかんや計5回くらい
「そこそろ先生に『有難うございました』言いに行こうか」
を聞くことになった。

せっかくの1時間、子供は勝手に練習してもらい、自分の時間を作りたいのだが、まだまだっぽいなぁ。

|

« 秋山拓巳残念 | トップページ | 400回目 »

ブラジリアン柔術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今日はそんな複雑な親子の会話があったんですか・・・。

しかし子供の能力って凄いですよね。前転も心もとなかったのが、すぐにそれなりに受身が取れるようになったりで。

うちでは「マウント取りごっこ」をよくやるんですが、ちょっと油断するとガチでマウント取られます。

しかしシニアのおっさんは、おっさんなりに頑張らねば!子供が中学生くらいになるまでは負けたくないですね。

投稿: THE・飯や | 2010年8月22日 (日) 21:05

>THE・飯やさん
ええ、二人で楽しくじゃれているように見えて、色々な攻防が繰り広げられていました。
楽しくやらせたいのが第一なのですが、しかしながらあまりに遊び心満載では先行きが不安になり、葛藤しながら叱ってしまいます。
難しいですね。
しかし子供が中学生ということはうちは9年後?
シニア3ですね・・・

投稿: にーの統括本部長 | 2010年8月23日 (月) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86862/49219028

この記事へのトラックバック一覧です: 息子7回目:

« 秋山拓巳残念 | トップページ | 400回目 »