« 313回目 | トップページ | 314回目 »

エセ団欒

昨日の祝日は家族団欒。
晩御飯も3人で一緒に食べた。
が、昼間のスシローのせいか、下痢しかけていたひとり息子はあまんり食欲がないらしく早めに離脱。
夫婦2人で食事、ひとり息子はトーマスのDVD鑑賞という状況になる。
で、私は久々に登板していた阪神阿部健太(松山商出身)のピッチングを見るためにワンセグで阪神戦を鑑賞。
にーの嫁はニュースを見たいらしくこれまたワンセグで鑑賞。
(行儀が悪くすまんす)
団欒と呼べるかどうか微妙な展開に。

にーの息子は「すぺんさー、ねんね」「ぱーしー、あぁぁぁ!」とトーマスの中継を。
にーの嫁は「何で5/1やのうて4/29にメーデーすんの?」とニュースの疑問を。
にーの本人は「今のは鳥谷追い過ぎやな、レフトが処理する打球や」とアベケンの心配を。
ほぼ同時に実施。
もう間違いなく団欒でも何でもない気がする。

ところでそのアベケン、無事2イニングを無失点(3イニング目はピンチを作ったがアッチ損に救われた)。
それより特筆すべきは走者としてのもの。
打者として打席に立ち四球を選びボークで2塁へ。
関本のシングルヒットの間に素晴らしい走塁で一気にホームへ返ってきた。
解説の世界の盗塁王福本さんも「正しい足の出し方をし、正しいベースの踏み方をしているから早く帰ってこれるんです」と絶賛。
何年か前に同じ松山商出身でホークスの投手である西山道隆も代走起用されて素晴らしい走塁を見せていたが、やはり高校時代に名門高でキッチリ基礎を鍛えられている選手は、本職でなくなってもこういう基本的なプレーが高いレベルでできるのであろう。
基礎を徹底的に学ぶことの大切さ。
よし、にのスペはしばらく封印し、基礎からやり直そう。
次回練習まで覚えていれば。

【柔術まとめ】
2009年3月 ※まとめたような気がするが見当たらないため再掲
 ■練習参加回数7回(週平均1.58回)。
 ■試合出場0回。
2009年4月
 ■練習参加回数6回(週平均1.35回)。
 ■試合出場0回。
2009年通年
 ■練習参加回数21回(週平均1.23回)。
 ■試合出場1回2試合。

|

« 313回目 | トップページ | 314回目 »

ブラジリアン柔術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86862/44842664

この記事へのトラックバック一覧です: エセ団欒:

« 313回目 | トップページ | 314回目 »