« 忘年会 | トップページ | 291回目 »

屈辱と雪辱

愛媛県人の血が流れているからか、ひとり息子はみかん好きである。
常にみかんを絶やさぬよう、実家の母に頼んで送ってもらっていたのだが、ついうっかり絶やしてしまった。
発狂されると困るので、にーの嫁がスーパーマルナカでみかんの袋をカゴに入れたのだが・・・それが何と熊本産。
「小さいみかんが熊本産しかなかったから」と。

何ということか、愛媛県人が熊本産のみかんを金を払って購入するハメになるとは。
屈辱である。
最大のライバル、和歌山産じゃないだけマシか、と気持ちを切り替えたものの、帰りの車の運転に動揺が影響しないか心配であった。

そんなこんなで買ってしまった熊本産のみかん。
にーの嫁がひとり息子に食べさせたところ、何と3房目くらいで食べるのをやめたという。
ほっとくと丸々3個は食べるあのひとり息子が、である。

見事なまでの雪辱である。
しかし1歳児(もうすぐ2歳児)に、36歳の親が助けられるとは。
何という孝行息子なのか。
もう絶対に裏切らないと決めた。
愛媛県産みかんを。

|

« 忘年会 | トップページ | 291回目 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

ミカンとアサリは貰うものだと決めている熊本県人です。
息子さんの口に合いませんでしたか?
残念。。。

と言いながら、家にあっても食べず腐らすばかりなのですが・・・

ところで、ミカンを食べ過ぎると手が黄色くなるのは嘘だったんですね。

投稿: 海苔子 | 2008年12月16日 (火) 12:21

>海苔子さん
どうも申し訳ありません。
宅の息子は愛媛産しか食べませんので。
と言いつつ、愛媛産を金出して買うのもためらいます。
先日は愛媛八幡浜漁港から直送された魚を、バカ高い価格で食わされました。

>ところで、ミカンを食べ過ぎると手が黄色くなるのは嘘だったんですね。

いえ、それは本当です。

投稿: にーの統括本部長 | 2008年12月17日 (水) 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱と雪辱:

« 忘年会 | トップページ | 291回目 »