« 277回目 | トップページ | 278回目 »

ぬかるみの女最終回

今、唯一見ている連続ドラマ「ぬかるみの女」が最終回を迎えた。
所持金0に近い状態で3人の子を連れて福岡から大阪に出てきて、全くの素人が水商売というぬかるみにはまる女の姿を描いたこのドラマ。
そんな素人がわずか3年で、本日、自分の店「クラブ準子」をオープン。
スタイルは「家に帰ったときのようにほっと一息つける店」。
なので、来店時の挨拶は「お帰りなさいませ」。
初めの一杯を出すときのセリフは「お疲れです、ご主人様」。
なるほど、昨今世間をにぎわすメイドカフェは、クラブ準子が原形やったか。
そんなクラブ準子。
厳しく接した桐山のおじさんが、オープンの乾杯の席でこれまでの経緯を話すシーンで、うかつにも涙してしまった。
あぁ、10か月弱楽しんできたこのドラマが遂に終わってしまう。
これから何を楽しみに生きていけばいいのか・・・
とりあえず明日から始まる「続・ぬかるみの女」を見ながら考えよう。

さて、そんな感じの本日の1日前、つまり昨日、遂に恐れていた事態が起こった。
帰宅して前日作ってもらったカレーを食べるべく、鍋を火にかけ、炊飯器を開けたところ・・・
極端に御飯が少ない!
カレーをカレーとして成立させるにはあまりにも心もとない量。
何でカレーやのにちゃんと御飯炊いてないねん!
と、にーの嫁に確認すると、にーの息子が食い尽くすほどの勢いで白飯を喰らったらしい。

覚悟はしていたがこんなに早くその日がやってくるとは・・・
子供の食べる量が増えるのに反比例して、私の食べる量が減っていく。
最近の体重減少は、実はこれが原因かもしてない。

【昨日のカレー&本日のカレー】
ひきつづき、牛スジカレー。
Curry_20081015 Curry_20081016
左が昨日で、右が本日。
昨日はヨーグルト&小松菜、本日はコロッケ&ほうれん草のトッピング。
同じ鍋のカレーであるにも関わらず本日の方がだいぶ色が薄いのは、温めるたびに牛乳が投下されるため。
クラブ準子開店祝いに一番搾りやら氷結ストロングやらを飲み、非常に有意義なカレーライフを過ごした。

|

« 277回目 | トップページ | 278回目 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

「食が細い」「好き嫌いが多い」と親を困らせるお子さんも少なくない中、うちもガッツリいく方でしたね。
お子様ランチの卒業も早かったです。
普通に焼き魚定食とか食べてました。
綺麗に骨を避けて食べるさまは、ちっちゃいおっさんでした。
ちっちゃいおっさんは今では見上げる程でかくなりました。
きっとひとり息子さんもでかくなりますよ。

投稿: 海苔子 | 2008年10月17日 (金) 14:14

>海苔子さん
でかくなりますかね?
ウチの爺さん(見たことない)は140cm台。
オヤジは155cmくらい。
私は170cmくらい。
この調子で行くと、185cmくらいが期待できそうですが・・・
しかしホンマにやばいです、食欲。
うどんとか平気で1人前食べるし。
世が世なら口減らしされててもおかしないです。

投稿: にーの統括本部長 | 2008年10月18日 (土) 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぬかるみの女最終回:

« 277回目 | トップページ | 278回目 »