« 関西選手権欠場決定 | トップページ | ようやく挑戦受諾 »

西宮市偽善エコロジー開始か?

露鵬が再検査でも大麻陽性となった今日この頃、私が欠場する関西選手権のエントリーリストが発表されている。

何かウチの女子部のメンバーが男子の部でエントリーされている気もするが・・・
ちなみに私の負傷箇所はイマイチよくならない。
おかげで金曜日の練習も回避。
もう2週間以上練習していない。
家でしている練習も9/27のバーベキューに向けての胃袋のストレッチくらいである。

さて、先日西宮市のサイトに「買い物袋についてのアンケート」が掲載された。
レジ袋vsエコバッグについては、大手スーパーマーケットと自治体による自分達のための広報活動により、何やらエコバッグが圧倒的にその優位性を確保している。
が、実際はエコバッグを推進した方が資源の削減になるかどうかの結論は出ていない。
エコバッグ推進(レジ袋減産)により削減される資源の質・量と、エコバッグおよび自治体指定ゴミ袋の生産、流通、洗浄、処分等に使用される資源の質・量を科学的に比較したデータはないからである。
つまりどちらが本当の省資源なのかの結論は出ていない。
感覚的ではあるが、現状ではエコバッグは必要以上に生産され過ぎているのではなかろうか。
数年のうちに大量のエコバッグが廃棄処分されると思う。

※エコバッグ推進派の文章はいくらでもあろうから、反対派はおなじみ武田邦彦教授のこれこれ(ちょっと長い)を参考にされたし。

と、そんな中に出てきた西宮市のアンケート。
中身を見るとあきらかにレジ袋有料化、ひいては自治体専用ゴミ袋の導入を推し進めようとする第一歩に見える。
しかしこのアンケート、統計資料としての信頼性は極めて薄い。
 ・市民祭りに参加し、アンケートに答えた市民の概要(年齢・職業等)が全くわからない
 ・人口48万の都市としてはアンケートの母数(250名程度)が少なすぎる
 ・回答者が女性に片寄り過ぎている
また、少なくとも私の周辺の西宮市民は、レジ袋有料化反対派が多い。
非常に不自然なアンケートである。

まぁそういった真剣な考察はともかく、一番の笑いどころは、本文2行目の次の一文であろう。
『アンケートにお答えいただいた方に「エコバッグ」「エコふろしき」をお渡ししました。』
アンケートに答えたうちの79%が買い物袋(マイバッグ)を持っているというのに、その人達にまだ原油を使用して作られたはずの袋を渡す
市をあげての盛大なコントか?
コントを作るための税金を支払った覚えはないが・・・

|

« 関西選手権欠場決定 | トップページ | ようやく挑戦受諾 »

ブラジリアン柔術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86862/42400869

この記事へのトラックバック一覧です: 西宮市偽善エコロジー開始か?:

« 関西選手権欠場決定 | トップページ | ようやく挑戦受諾 »