« ライバルKONISHIKI | トップページ | 高熱 »

R-1グランプリ2008終了(ネタバレ)

楽しみにしていた今年のR-1グランプリが終了した。
なだぎ武が何とR-1初の2連覇。
確かにオモロかった。
オーバー30にはたまらない「ファミコンネタ」。
 ・2コン(「ツーコン」と発音)のマイク
 ・ガっと動かしてしまって画面フリーズ
 ・カセット差し込むときの端子部分への「フッ!」
どれもオーバー30なら未だに話のネタにするもの達。
その後も宗茂・猛ネタなどR-30ネタを連発。
ファミコンのところで既に腹を抱えて笑っていた私には、もう彼が何をやってもオモロいという無敵状態になっていた。
文句なしの優勝。

もう一人、優勝でもおかしくなかったのは世界のナベアツ。
今日の決勝で私が1番応援していた芸人さん。
予想通り「3の倍数ネタ」で畳み掛けた。
完成度高過ぎ。でも3位に終わった。
高度になり過ぎて、途中瞬時にわかりにくかったネタもあった。
「3の倍数と3のつく数字プレーン」
「3の倍数と3のつく数字+8の倍数」
「3の倍数と3のつく数字+5の倍数」
を単に順番にやっていっただけの方がよかったのかも。
とりあえず3位が確定した段階でせっかく3の倍数なのでアホになって欲しかったが、真剣に悔しそうやったので、そんな余裕はなかったのであろう。

2位は芋洗坂係長。
私には合わないが、オモロく感じる人が居るのはわかる。
しかしこういう替え歌は歌詞の字幕が入らないとわかりにくい。
からくりTVみたいな感じで。

あとの5名中、中山功太、土肥ポン太は悪くなかったと思うが、彼らのもっとオモロかった頃を考えるとちょっと物足りない。
他の3名は正直よくわからなかった。
最近はあんな笑いが人気なんやろうか?

ところで上位の3人は、私が大学生の頃、つまり結構時間がありお笑いをよく見ていた頃、いずれもコンビとして活躍していた。
なだぎはスミス夫人、ナベアツはジャリズム、芋洗坂はテンション。
気がつけば、もう15年ほど前の話。
中でもスミス夫人、ジャリズムは伝説の爆笑BOOINGというシビアな番組で5回勝ち抜きチャンピオンになったほどのコンビ。
特にジャリズムはたまらんオモロかった。
その後全てコンビを解散し(ジャリズムは後に復活)、一般にはどこに行ってしまったのかわからないような状態だった。
そんな3人が復活しR-1で上位を争う。
なんとも感慨深い。

しかし毎回言われるが、この大会の採点の不透明さはなんとかならんものか。
それぞれネタ直後には5人中1人しか公表しないし、最終的に合計点しかわからず、誰が何点入れたかも公表されないまま。
(今回は上位2名の内訳が出ていたが)
それと審査員のコメントが甘すぎる。
誰でも彼でも同じようなレベルで誉めるのは、ちょっと残念。
ちゃんと分析してコメントしてほしい。
来年こそたのんます。

【今日の空巣被害的散乱】
Jroom_20080217







【今日のカレー】
またまた、業務スーパーの「たっぷりサイズのビーフカレー」 78円 
Gscurry_20080217






昨日作ったヒレカツもどき、およびほうれん草のトッピングでいただいた。
昨日触れなかったがこのカレーの欠点は、ボリュームが多すぎて白米を多く必要とすることと、皿からこぼれそうになること。
贅沢な欠点ではあるが。

|

« ライバルKONISHIKI | トップページ | 高熱 »

お笑い」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

にーの統括親父殿・・おはようです。
R-1面白かったみたいですね・・・
残念ながら、ちょっとしかみてなかったのですが・・
なだぎ武は・・面白かったですね。

私も、ナベアツは・・結構、笑ってしまいます。
数字、数えてるだけやのに・・・・・(爆)

そうそう、統括親父殿用のカレーを発見したので
今度・・お持ちします。。
サプライズもあります・・・・・フフッ

投稿: MS-07Ari | 2008年2月18日 (月) 07:51

>MS-07Ariさん
なだぎとナベアツさえ見れればそれで良かったような感じです。
数字を数えてるだけなんですけど、アレを思いつくのがすごいですよね。

カレー・・・どんなんやろ。
楽しみです。

投稿: にーの統括本部長 | 2008年2月18日 (月) 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86862/40162113

この記事へのトラックバック一覧です: R-1グランプリ2008終了(ネタバレ):

« ライバルKONISHIKI | トップページ | 高熱 »