« 230回目 | トップページ | 体調不良 »

M-1&純豆腐男

昨日はM-1グランプリ決勝を見た。
何とサンドウィッチマンが優勝。
それはさておき、何ともまぁレベルの低い大会であった。
予想としては、レベルが低い戦いの中、長期スランプ中とはいえ実績上位の笑い飯が悲願の優勝、と思ったが・・・
どうやら彼らのスランプはこの先も続きそうである。
去年も全体には低かったが、チュートリアルが歴代大会をあわせてもずば抜けて良かったため、何とかかっこがついた。
だが今年は優勝者も含めて1度も爆笑がなかった。
(ちなみに私の爆笑の定義は「笑わないつもりで見ていても涙を流して笑わされる」である)
あえて言えば個人的にはトータルテンボスの1本目が1番よかった。
彼らを知って5年ほどになるが、最初は「今日のネタハイライト」くらいしか笑うところがなかったのに、毎年着々と面白くなってきた。
2番目はダイアン。
なぜか審査員の評価が随分と低かったが・・・
ただしサンドウィッチマンの優勝に異議は無い。
彼らも劣らず面白かった。
それでも去年、一昨年のチュートリアル、一昨年のブラックマヨネーズ、4年前の笑い飯等には遠く及ばないけども。
とりあえずコント師ばかりで、しゃべくりが1組も居なかったのが残念でならない。
ま、お笑いは好みがあるのでこんなところで。

さて、遡ること1日、一昨日の晩はこれを食べた。
Otokomaetofu_sundubuo





職業柄もらってきたこの豆腐、「純豆腐男」。
「スンドゥブオ」と読むらしい。
絹ごし豆腐にタレがついている。
鍋を作るらしい。
チゲを意識している模様。
野菜、肉を煮込み、最後にスンドゥブオを入れて火を止め生卵を落とし完成。
ホンマは韓国のりを入れるらしいが、無いので省略。
適度な辛味に卵のまろやかさが絡まってうまかった。
ただし豆腐は先日食べた「徹男」との違いが分からなかったが。
味も容器も。

さ、いよいよ今年もラストスパート。
実家に帰省するまでに、大量の豆腐を胃袋に収めなければ。。。

|

« 230回目 | トップページ | 体調不良 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M-1&純豆腐男:

« 230回目 | トップページ | 体調不良 »